子供の病気(多脾症候群)

こどもの話47 CT検査

くうちゃんは、心臓が他の方々と全く違う状態で生まれてきました。

多脾症候群という病名が第一病名(?!)です。

心臓のお部屋が4つに分かれておらず、大まかにはひとつのお部屋しかない「単心室」でもあります。
「フォンタン手術」という手術をし、現在は投薬とペースメーカーの力を借りて、日常生活を送っています。

今日のお話は、CT検査の話です。

CT検査

[ 2009-12-11 21:43 ]

実は今日の夕方からCTの検査をしました。

先日のエコー検査の結果、肺動脈に狭窄があるらしくそれの確認の為でした。

ここまできたら、CTの検査なんて寝てるだけだし・・・なんてまったく心配してません。

で、結果、夕方に病院から電話があって、失敗に終わったらしいです。(笑)

どうもうまく寝られなかったらしく、動いてしまいうまく画像が取れなかったみたいです。

また来週に取り直しですって。

で、点滴のラインが足なのですが、今回は短時間に多目の輸液を入れたので腫れているそうです。
でも、それもちゃんと管理していただいているので心配ないです。

明日、きーちゃんと面会に行ってこようっと。
2016091803

これは別の日にお風呂上りに一杯ひっかけているところです(^_-)-☆

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

【今日のひとこと】

今日は『CT検査』について。
今回のくうちゃんは血管造影のCTでした。

ざっくり言うと、造影剤を注入して、血管を断層撮影し、コンピューターで解析して3D化する。

血管の流れ方や、狭窄部の評価をするために行われます。

赤ちゃんの場合、トリクロなど眠剤を飲んでぐっすり寝てから行いますが、このときは眠りが浅かったので、失敗したみたいですね。
で、寝てる間に・・・と先生達が頑張っって輸液を短時間に入れたため腫れたみたい。

本当にその場その場で判断が必要とされる、過酷な現場です、病院は。

命の現場最前線。
頭が下がります。

次回は取りなおしたCT検査と、結果についてです。

今日も(人”▽`)ありがとう☆

スポンサーリンク

ABOUT ME
まゆみ
◆名前:まゆみ ◆年齢:46歳 ◆職業:フリーアナウンサー ◆元化粧品メーカー勤務のコスメ好き♡ 神戸在住。関西のことなら何でも聞いて♪ 「ココロ」と「カラダ」の両方から幸せを追求しています!聞きたいことあれば何でもメールしてね! happyhaniel444@gmail.com ※いただいたメールにはお返事をしています。お返事が届かない方は、お手数ですがgmailを受信できるように設定をお願いいたします。