子供の病気(多脾症候群)

こどもの話22 入院中でも感染症にはかかります

どうも、まゆみです。

実は私、レイキヒーラー。
たまに21日間自己ヒーリングやります。

今日は6日目。
寝落ちしないように、この記事あげたら速攻やろ~~。

さて、今日は入院中の発熱についてです。

発熱 39.2℃

[ 2009-07-09 19:53 ]

きーちゃんの幼稚園がお弁当日なので、くちゃんの面会へ。

だって、うちから病院までバスやら電車やら乗り継いでいると1時間半はかかるのだ。
午後2時のお迎えに間に合うように行くには、12時には病院を出ないといけない。
2時間の面会に往復3時間かかっている訳です。

さて、今日も面会に行くと病室の中にマットを敷いておもちゃが入っている。
なぜ??と思っていると、新任の婦長さんがやってきた。

なんと、くうちゃんが発熱したそうだ。
それも昨夜は39.2℃もあったらしい。
で、軽い隔離(病室から出るの禁止)になっていた。

解熱剤を入れて面会時は38,4℃。

抱っこしてもかなりHOTである。

婦長「お姉ちゃんとか風邪引いてませんか??」

私「はい、いたって元気です。」

婦長「なんでかしらね?」

婦長、先日別の部屋だけど発熱してる子いたでしょ~~。
その子もくうちゃんもみんなプレイルームで遊んでましたやん。
そのなかで、鼻水ずるずるの子もいましたやん。

きーちゃんは風邪も引いてませんし、面会もガラス越しなのでうつす可能性はございませんが。
病棟でも風邪はひくのでかまいませんが、うちが原因ではありません。
というか、プレイルームでうつったのはあきらかでしょう?

児童館なら嫌がられるほど鼻水が出ている子を、プレイルームに出したのはちょっとどうかな~~。
とおもった、ハハでした。

======================
======================
【今日の一言】

ハハ、この時もだいぶんたまっていたみたいですね。
婦長「かえで」さんにあまりよい印象がなかったからかな(笑)

くうちゃんは、この辺りからエスパーと呼ばれるようになります。
大きな検査や、手術など、予定されていると発熱して延期になること数回。

最後の辺りは、看護師さんが検査や手術を教えないようにしてくれてました。
それも今では笑い話です。

スポンサーリンク

ABOUT ME
まゆみ
◆名前:まゆみ ◆年齢:46歳 ◆職業:フリーアナウンサー ◆元化粧品メーカー勤務のコスメ好き♡ 神戸在住。関西のことなら何でも聞いて♪ 「ココロ」と「カラダ」の両方から幸せを追求しています!聞きたいことあれば何でもメールしてね! happyhaniel444@gmail.com ※いただいたメールにはお返事をしています。お返事が届かない方は、お手数ですがgmailを受信できるように設定をお願いいたします。