きれいのモト <MAYUMI・磯崎 真由美>

フリーアナウンサー、司会・ラジオDJ・ニュース・講演

*

こどもの話8 外来での出来事とおすわり完成!

      2020/05/03

どうも、まゆみです。

今日は今頃からリンゴのパンを仕込み始めたおバカな私。
焼きあがるのは11時頃かなぁ。

そして明日も5時半おきは変わりません。(笑)。

さて、今日のこどもの話は、外来でのたわいもない会話と、やっとお座りができたくうちゃんの日記です。

ぐったり(>o<")

[ 2009-01-20 21:04 ]

今日も10時予約。

きーちゃんは保育園に預け、こども病院へ。

本日の予約人数は47人。
9時台の予約は13人!!

ひとり5分でも一時間以上はかかるわけで、予想通り私に順番が回ってきたのは
13時30分でした。は~~~~~、疲れるわ~~。

身長:68.8cm
体重:6240g

2週間で200グラムくらいは増えている。
一人でも何とかお座りできるようになって来た。
ほんとに少しずつですが成長しています。

前回のホルター心電図もまったくAFはなく、きれいな状態でした。

今日の血液検査で相変わらずワーファリンの効きが悪いのでまた0.1ミリグラム増やす。
また不整脈も出ていないけれど、アーチストは強心剤の役割もあり、
悪い副作用がないので続けます、増量して継続投与。
ワーファリンはバイアグラと干渉して聞き難いのかもとのことでした。
バイアグラを止めたとたんがつっと効くことがあるのでそれも注意しておきましょう。
とにかくサチュレーションが下がるまではがんばって、
8キロになったらカテしましょう。だって。

で、循環器の診察が終了したのが2時でした。

その後、心臓外科に。
担当看護師はなんと私が緊急入院したとき、一番最初にお世話をしてくれたOさん。
(人不足なので心臓外科の外来は産科の看護師がいつも応援に行っている。)

Oさん「え~~~、もしかしてくうちゃんて、あの時の~~???」
私   「そうですよ~~。」

なんて話してると本日の診療担当H先生。
H先生「お~~、くうちゃん。久しぶり~~!Oさんなんでくうちゃん知ってるの?」

Oさん「だって先生、彼女が入院してきたとき私が担当だったんです。
    そのときのくうちゃんの心音、ヘロヘロで。NST取れなかったんです。(笑)」

私  「そういえば張り止めのお薬の副作用で私の脈拍が120なのに
    くうちゃんたら60とかでしたね~~。(^_^)」

なんて、笑って話せるなんて、くうちゃんてばすごい。

そうこうしてると、いつもの担当M女子が!!。
「くうたん!どう??元気そうね。かわいいね~~。」

くうチャンはこの先生が大好きなのでニコニコ。
心臓外科の先生たちはほんとにフレンドリー。親密度が高いというかやはり、
くうちゃのオペはそれだけ大変なものだったのだろう。

H先生はくうちゃんのとがった胸を見て、
「お母さんプロテクター外来どうします??」と。

わたしは、また最終フォンタンがあるのでそれからでもいいですよ。
なんていうとあっさりそうですね~~。となった。

今のところ外科的には何も問題はないのでなんと3ヵ月後の、
ペースメーカー外来まで来なくていいことになりました。V(○⌒∇⌒○) イエーイ
あ、でも、循環器はもっと頻繁にきますけどねぇ~~。

そして家に帰り着いたら5時前でした。
本気で疲れる&病気が怖い外来でした。

お座り完成ъ( ゜ー^)

[ 2009-01-21 20:09 ]

おきあがりポロンちゃん(27cm) No.347 *色はご指定できません
※くうちゃんが、入院中愛していたポロンちゃん。お世話になりました。

最近、ぐんぐん大きくなってきているくうちゃん。

抱っこしていてもなんかしっくりこないな~~なんて思っていたら
やはり大きくなってしっかりしてきているようです。

そして1歳目前にしてオムツサイズが新生児サイズからSサイズにサイズアップしました。

ここまで新生児サイズなんて、親孝行なくうちゃんです。

—————————–
—————————–

こののポロンちゃんにはほんとにお世話になりました。
手術後のICUには持ち込める物の数が極端に少なくなります。
くうちゃんは生まれたときからくるまれてたファミちゃんの
タオルケットと、このポロンちゃん、哺乳瓶。

10年以上たった今でもファミちゃんのタオルは使ってます。

今日もありがとう💕

スポンサーリンク

 - 子供の病気(多脾症候群)

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください