子供の病気(多脾症候群)

こどもの話64 かなり復活!

土曜日曜、祝日などは不定期で「こどもの話」をお送りします。

うちのこども「くうちゃん」は、心臓が他の方々と全く違う状態で生まれてきました。

多脾症候群という病名が第一病名(?!)です。

心臓のお部屋が4つに分かれておらず、大まかにはひとつのお部屋しかない「単心室」でもあります。
「フォンタン手術」という手術をし、現在は投薬とペースメーカーの力を借りて、日常生活を送っています。
詳しくはこちらでご覧ください。

こどもの話 01 ブログを書いていなかった時の話

このブログの記事は、当時リアルタイムに書いていたものを移してきています。
当時の情報なので間違いや今現在との違いもるかとは思いますが、そのままで転記します。

今日のお話は、手足口病で入院し、その後お家に帰ってきてからのお話その2です。


かなり復活!

[2010-07-31]

昨日はミルクを飲みすぎて吐いてしまったりしましたが、
今朝は8:00までしっかり眠ることができ、かなり復活してきています。

が、入院したのがストレスだったのか夜泣きがひどいです。

ハハが倒れそうです。

今日はすでに寝てしまいました。

ちょっとのんびりさせてもらいます。

‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

【今日のひとこと】
昨日に引き続き、術後、退院しお家で過ごしていましたが、きーちゃんから手足口病をもらい、入院し、帰ってきたときの一日のお話でした。
このころは気づいていなかったのですが、くうちゃんてば、結構発達にも問題ありで(笑)

なので通常の子よりも敏感な部分があって、このころは環境の変化にとても反応していました。
病院は夜でも人の動く気配があって、機械音やらなんやらがたくさんあるところで生まれ、2年近く過ごしてきてるので、閑静な??住宅街に帰ってきたら逆に静かすぎて不安だったのかも(笑)

それに付き合うのってホント大変だった!!
と言ってますが、正直いうと覚えてないんですこのころの事(/ω\)

大きなエピソード(次回に登場する訪問看護の事とか)は覚えてるけど、日常はさっぱり(笑)

で、実はもう一つ、日常をつづっているブログもありまして、そちらでもくうちゃんのことを書いていたことを今発見しました(笑)
ちょっとタイムラインは前後しますが、こちらの記事も上げていこうかな。

今日もありがとう♡

スポンサーリンク

ABOUT ME
まゆみ
◆名前:まゆみ ◆年齢:46歳 ◆職業:フリーアナウンサー ◆元化粧品メーカー勤務のコスメ好き♡ 神戸在住。関西のことなら何でも聞いて♪ 「ココロ」と「カラダ」の両方から幸せを追求しています!聞きたいことあれば何でもメールしてね! happyhaniel444@gmail.com ※いただいたメールにはお返事をしています。お返事が届かない方は、お手数ですがgmailを受信できるように設定をお願いいたします。